THE EMIRATES FA CUP  2022/2023

FAカップ 2022/2023

フットボール発祥の地イングランドのカップ戦がFAカップ。世界最古のカップ戦といわれ参加クラブはプロ・アマ問わず多種多様です。日本の天皇杯はFAカップに倣ったものですが参加クラブの数は比になりません。 
H&A方式ではなく全ての試合がFAが設定した会場(準々決勝まではどちらか一方のホーム。準決勝2試合は中立地)の1発勝負のため「ジャイアント・キリング」(格下のチームが格上のチームを倒す)の伝統が生まれた背景にもなっています。延長戦はなく引分けの場合はリプレーと呼ばれる再試合で決着をつけるという徹底ぶりです。 しかも、組合せ抽選は全てノーシードで行われ、プレミアリーグのクラブといえども3回戦以降でいきなりぶつかる場合があります。
イングランドでは1871年から行われている歴史あるカップ戦で、決勝は5月に聖地といわれているウェンブリースタジアム(ロンドン)で行われます。 2001年以降は改修工事のためカーディフのミレニアム・スタジアムでの開催を余儀なくされていましたが、現在は新しくなったウェンブリーでの開催となりました。このファイナルはイングランドの伝統行事となっています。
尚、2015/2016シーズンからスポンサーがエミレーツ航空になりました。

FAカップ 2022/2023(予備予選) 2022/2023シーズンの総エントリー数=732チーム

追加予備予選(ONE MATCH/416チーム→208チーム)

予備予選(ONE MATCH/272チーム→136チーム)

予備選予選からの208チーム+予備シード64チームの合計272チームが参加

FAカップ 2022/2023(予選)

予選1回戦(ONE MATCH/242チーム→121チーム)

予備予戦からの136チーム+第5シード88チームの合計224チームが参加

予選2回戦(ONE MATCH/160チーム→80チーム)

予選1回戦からの112チーム+第4シード48チームの合計160チームが参加

予選3回戦(ONE MATCH/80チーム→40チーム)

予選4回戦(ONE MATCH/64チーム→32チーム)

予選3回戦からの40チーム+第3シード24チームの合計64チームが参加

FAカップ 2022/2023(ファイナル)

1回戦(ONE MATCH/80チーム→40チーム)

予選4回戦からの32チーム+第2シード48チームの合計80チームが参加
※第2シード=フットボールリーグ1および2所属の各24チーム=計48チーム

2回戦(ONE MATCH/40チーム→20チーム)

3回戦(ONE MATCH/64チーム→32チーム)

2回戦からの20チーム+第1シード44チームの合計64チームが参加
※第1シード=プレミアリーグ所属20チーム+チャンピオンシップ所属24チーム=計44チーム

4回戦(ONE MATCH/32チーム→16チーム)

5回戦(ONE MATCH/16チーム→8チーム)

準々決勝(ONE MATCH)

準決勝(ONE MATCH)

2023年 4月22日(土) (ロンドン/ウェンブリー・スタジアム)

決勝(ONE MATCH)

2023年 6月 3日(土) (ロンドン/ウェンブリー・スタジアム)


◆過去のスケジュール


当社のインターネットによる情報サービスは、ご利用者の直接的なアクセスのみによる利用に限って提供しています。従って、許可なく提供された情報を利用する事は禁止します。